タグ別アーカイブ: 子育て悩み

「思いやりのない子は思いやりのない大人になる」という誤解

こんにちは、オノジュンです。

子供がお友達に優しくできなかったり、わがままだったりすると、将来が心配になりませんか?

私はなります・・・。

でも、それって誤解かもしれないようです。

最近、大河原美以さんが書いた著書「ちゃんと泣ける子に育てよう」という本を読みました。

大河原さんは本の中で「子育てにおける大きな誤解の一つは大人になってから思いやりのある人に育つためには生まれた時から子供時代もずっと思いやりのある子供でいることが必要だと思い込んでいるところです」と言っています。

これは、本当に正直私もその一人です・・・。

 

私には6歳の息子と一歳の娘がいるのですが上の息子は下の娘によく手を出したり怒ったりします。

自分のあそびを邪魔されているという怒りや、嫉妬などが影響しているとは思うのですが、一番思い浮かぶのは、「このまま大きくなったら、思いやりのない暴力的な人になってしまうかもしれない・・・」という不安がよぎります。

なので、ついつい共感よりも、言い聞かせようとしたり、叱ってしまったりします。

 

それは、たぶん前提として、「しつけないともしかしたらまともな大人に育たないかもしれない・・・」という思いがある気がします。

これって、私だけじゃなく、お母さんはもちろん、保育園や幼稚園の先生や学校の先生など子育てに携わる人だったら多かれ少なかれあるのではないかな・・・と思います。

 

「今ちゃんと叱っておかないと・・・」「このままではだめだ・・・」そういう思いが、大人の方は様々な経験をしているがために、不安になってしまうのかもしれません。

著書のなかで、2−3時間ごとに起きて泣く赤ちゃんの話にふれて、

 

この赤ちゃんの「人の迷惑かえりみず」に要求するエネルギー、これが生きる力の源です。この力を子供時代ちゃんと保障し続けてあげることが豊かな心と生きる力を育てるために必要なことなのです。

 

と言っています。

 

確かに、大人って「優しくて思いやりがあって、お友達に気遣いができて、親の言うことも素直にきく」そういう子を「よい子」って認識しがちですよね。

 

私自身も子供の頃、どちらかというと「いい子」だった気がします。親に反抗とかはしない・・・っていうかあんまりどう返していいかわからないし、言うことは基本的によく聞く子だった気がします。

でも、思春期にさしかかった時に、ふと「自分の気持ちがわからない・・・」って感じたんです。

自分がどう感じているのか、どうしたいのかが、気づいたらわからなくなっていたんです。

だから、またお母さんに「こうした方がいいんじゃない?」とか「それはだめ」とか言われると、もうそれしか選択肢がないように感じて、本当にそのまま言うこときいていました。

でも、大人ってコロコロ言うこと変わるんですよね(笑)

ワイドショーの子育て情報とかみて、全然言う事とか変わったり・・・子供の方は混乱するし、大迷惑。でも、大人の方はそんな自覚さえもなかったり。

 

一方で、子供時代に大人からみると「悪い子」だった子が、大人になってめちゃくちゃ「かっこいい大人」だったり、「いい人」になっているケースって、むしろめちゃくちゃ多いんですよね。

 

逆に、子供時代に「いい子」をしてしまった人は、人生のどこかで行き詰まり、ひきこもったり、ウツになったり、主体性がなかったりで、何かしら人生の壁にぶつかってしまう人も多いような気がします。

 

子供は幼児の時代には自己中心的で親の迷惑などみじんも考えず、自分の体の中から出てくるエネルギーのままに、感情を表出することが健康だということ。それは脳の発達のプロセスから言っても極めて自然な事なのです。

 

確かに私達が子供の頃は自由に子供達だけで遊ぶ機会があった時代なので親の見ていないところで子供同士で様々な喧嘩をしたり遊んだり自由を謳歌しているそんな時間がありました。

子供達の中から湧き上がってくるエネルギーを発散する場所があまりなく大人の見てる前でしか発散できなくなっているのではないかなと感じます。

そういう意味では大人は子供が子供らしく泣いたり怒ったり自分のエネルギーを発散している姿は、子供がちゃんと自分自身を表現してすくすくと育っている証拠だと考えてもいいのかもしれません。 

大切なことは、子供自身が自分の感情をしっかりと認識して今自分は怒っているのか、嬉しいのか、悲しいのか、というような気持ちを認識できるかどうかがとても成長していく上で大事なことのようです。

なので、親がこころがけるべきは、頭ごなしに叱るよりも、今どんな気持ちなのか、どんな気分なのかを子供とともに整理することかもしれませんね☆ 私も心がけます!

今日、参考にさせていただいたのは下記の本です。

 

全国のお母さんたちがつながる場や情報を配信しています。

ぜひライン登録も!

友だち追加

 

「子どもが泣くのが怖い」というママへ

こんにちは、オノジュンです。

子どもが大声で泣くとなんだか心がシクシクする…
外で泣きやまないと、誰かに責められている気がして、必死に泣き止ませたくなることはありますか?

私は、ありました。「子供は泣くのが仕事・・・」とか聞いたことがありましたが、ぜんぜんそういう風に思えなくて、少しでも泣き始めるとなんだかすぐに泣き止ませないといけない気がしていたのです。

なんで泣くんだろう。

私がダメなお母さんだからかな…

育児方法が、間違っているからかな?

悩み始めたら、止まりませんよね。

でも、もしかしたら、その責めているという誰かは、他人ではなく、幼い頃の自分自身なのかもしれません。

お母さんを喜ばせたくて、笑顔にしたくて、えらいねと言ってもらいたくて、泣くのを必死に我慢していたあの頃の小さな自分。

あの頃の自分は、あんなに頑張って色んなことを我慢していたのに、なぜあなたは、そんなに泣くの? 泣いたらだめでしょ・・・お母さんが悲しむよ、お母さんが困っちゃうよ・・・という小さな幼い自分の声。

そんな、”お願いだから、泣かないで”という心の叫びを引き出している目の前の我が子は

もしかしたら、”今からでも泣いていいんだよ”っていいたいのかもしれません。

お母さん、泣いていいんだよ。これまでよく頑張ってきたね。
お母さん、自分一人で頑張らずに、頼っていいんだよ。
お母さん、お母さんはそのままで、ただそのままで素晴らしいんだよ

って、子どもはもしかしたら、伝えているんだと

今の私は思います。

オノジュンの自己紹介はこちら

Lineコラムに登録はこちらからお願いします。

友だち追加